[200526] 【再掲】 【すらら英語】 中学英文法総復習完了基準について

[200526] 【再掲】 【すらら英語】 中学英文法総復習完了基準について

なお、勘違いしてほしくないのですが、
英検を受験しないからといって、
以下の学習方針が変わることはありません。

以下、――先だってお伝えしたことと重複しますが――
改めて箇条書きでお伝えいたします。

  ■ [中1-3生] すらら英語:
  [1] 学力診断テスト中1-3総復習 [合格ライン: 80%超]
  [2] すらら定期テスト対策中1-3全範囲 [各60分] [合格ライン: 80%超]
  [3] すらら小テスト [Stage1-6] 全範囲 [各60分] [合格ライン: 80%超]
  (いずれも80%未満は補強ポイント復習の上再テスト)
  ―― [1] → [2] → [3] すべてクリアできて
  中学英文法総復習完了とし、高校版へと進む。

■ 最近、英語の学習の手が緩んでいる生徒が見受けられますが、
上記の基準をクリアすることから目を背けないでください。
■ 繰り返しますが、この基準を緩めるつもりは一切ありません
(これでも合格ラインを90%超に設定していないのだから、
まだ 「やさしい」 と捉えてもらわないと困ります)。
■ これらのテストで合格ラインに達していないということは、
「できる」 ようになるまですらら英語中学生版の学習量が、
あるいは訓練が足りていないことを意味するからです。
そう。「できる」 ようになるまで、やり切っていないのです。
■ たとえ英検3級に合格していても、これらのテストで
すべて合格ラインに達しない限り、
中学英文法をあらかた修得しているとは見なしません。
■ たとえ英検3級に合格していても、
中学英文法 [Stage1-6] をほぼ完全に制覇した上で、
高校範囲へ進ませないと、基礎固めができていないため、
身につけるべきことも身につかず、内容が頭に入ってこず、
結局、途中で嫌になり頓挫してしまう例をこれまでいくつか
見てきたので、繰り返すが、この基準を緩めるつもりは
絶対にありません。
■ 現時点で 「できない」 ことは問題ではないのです。
「できない」 現実を素直に受け入れ、
「できる」 ようになるまで訓練を続ける覚悟を
決めてください。そして、逃げないでください。
■ 特に中3生は前期中間考査 (7月中旬‐下旬を想定しています)が
終了するやいなや、都立高校入試学力検査の過去問演習に
取り組んでもらうため、できれば6月末まで、
どんなに遅くとも7月末までに
この基準をクリアしてもらうことをMUSTにしてほしいのです。
■ というのも、都立高校入試学力検査英語問題は
[(cf.) 令和2年度都立高等学校入学者選抜 学力検査問題: 英語]、
ほぼ長文読解問題で占められるため、
過去問演習の段階でto不定詞がよくわからないだの
関係代名詞なんて聞いたことがないだの言われても
困るのです。
■ 繰り返しますが、――特に中3生は6月末までに――
英語は 「できる」 ようになるまでやり切り、
以下の基準をクリアしてください。

  ■ [中1-3生] すらら英語:
  [1] 学力診断テスト中1-3総復習 [合格ライン: 80%超]
  [2] すらら定期テスト対策中1-3全範囲 [各60分] [合格ライン: 80%超]
  [3] すらら小テスト [Stage1-6] 全範囲 [各60分] [合格ライン: 80%超]
  (いずれも80%未満は補強ポイント復習の上再テスト)
  ―― [1] → [2] → [3] すべてクリアできて
  中学英文法総復習完了とし、高校版へと進む。

ネクストラーナーズの 「結果がでる」「自信がつく」
授業を受けてみませんか?

お問い合わせ

お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。