【Q&A①】 なぜ英検を重視するのか?

【Q&A①】 なぜ英検を重視するのか?

最大の理由は、中学校の定期考査や、あるいは高校入試対策において、
英語にあまり時間を取られたくないから、というのがあります。

小学生の高学年 (小5-6生) のうちに、
英検4級程度を取得しておけば、中学校の英語の授業が復習となり、
定期考査ないし高校入試対策にたくさん時間を取られるという状態を
回避できるわけです。

中学においては、英語もさることながら、
日頃の学習では、数学にも重点を置いて学習していかなくては、
定期考査、ひいては高校入試対策で非常に不利な状況に追い込まれます。

英語・数学がずっと足を引っ張り続けてしまうからです。

それに、中学生の生活は小学生のそれとは比較にならないほど、
学校の部活や行事などで忙しくなります。

こんな状態で、英語・数学が足枷になってしまうと、
はっきり言って目も当てられません。

逆に、英語・数学にそれほど問題がなければ、
国理社などその他の科目に余裕をもって取り組めます。

このフォーム (姿勢) をつくれることが重要なのです。

定期考査ないし高校入試において結果を出せる生徒は、
大抵、この形が身についているように感じます。

小学校時代に英語に触れることなく、
中学生になってアルファベットから英語学習をはじめる生徒と、
小学生の段階で英検4級を取得し、中2レベルまでの英語をあらかじめ予習できている生徒と、
実際の中学校生活において、どちらにより大きな負荷がかかるのか、
言うまでもなく、明白です。

本来であれば、英語に加え、数学も先取り学習を進めたうえで、
中学校に進学させたいというのが本望ですが、
こちらはこちらで厄介な問題を孕んでいるので、
なかなか実現できていません。

その問題の一例を挙げると、現在の小5-6生の大半が
分数・少数の四則混合計算がなかなかできないため、
その基礎固めを行うのに、膨大な時間がかかっているのが現状です
(ちなみに、当塾では、分数・少数の四則混合計算が難なくできるという状態を、
一応、算数から数学に進める基準にしています)。

なので、数学の先取り学習は、正直、容易にはできていないのですが、
せめて英語程度は最低でも英検4級に合格させて
中学校に進学させたいという思いで、
日々、真摯に生徒と向き合っています。

以上、ご理解くださいますと、幸いです。

ネクストラーナーズの「やる気のでる」「自信がつく」
授業を受けてみませんか?

お問い合わせ
お子さまのお名前
コース選択 小学生コース中学生コース高校生コース
学年 1年2年3年4年5年6年既卒
希望科目 英語数学(算数)国語理科社会
希望曜日
(複数可)
月曜火曜水曜木曜金曜土曜
希望時間
(複数可)
15:50-16:5017:00-18:0018:10-19:1019:20-20:2020:30-21:30
電話番号
メールアドレス
お問い合わせ内容・ご要望