【余談】 【読書】 村上龍 「空港にて」

【余談】 【読書】 村上龍 「空港にて」

本作はバツイチ子持ち風俗嬢がコンサル男性との出会いをきっかけに
義肢装具士を目指すストーリー。

  義肢を作ることを真剣に考えるのが怖かった。
  どうせすぐにあきらめなければいけないと思ったからだ。
  三十三歳の子持ちでバツイチで風俗で働く女には絶対に無理だと思ったし、
  だいいち何から手をつければいいのかわからなかった。(pp.178-179)

このユイの気持ちに対して、「どうして無理なんだよ?」 とサイトウ。
ユイの志向に無理はないとサイトウが伝えるシーンは心にひびく。

  おれの仕事はいろいろな会社のシステムソリューションを
  考えることなんだけどね。
  ソリューションというのは、解決すべき問題が何なのか
  把握していないとわかるわけがない。

  ほとんどの日本の経営者は勘違いしていて、
  高いコンサルティングフィーを払っているんだから、
  生産性を上げるソリューションをとにかく示してくれって言う人が多いんだよ。
  お聞きしますがあなたは何が問題だと思っているんですか。
  そう聞くと怒り出す人もいる。
  それを考えるのがお前の仕事だろうって怒り出すんだけど、
  要は何が問題なのかわかっていないから、怒ってごまかすだけなんだよね。
  原因がわかってないと、ものごとは絶対に解決できないんだ。
  ユイさんは自分の何が問題なのかを知っている。(p.176)

そのうえで、サイトウはユイに義肢装具士になるための具体的な道筋を示し、
ユイが実際に行動に移すための手がかりを与える。

村上龍氏の短編集 『空港にて』
――数年ぶりに再読してみたが、個人的には、本短編集の最後尾にある本作
いちばん好きです。

行動するための意気がじわっと湧いてきます。

ネクストラーナーズの「やる気のでる」「自信がつく」
授業を受けてみませんか?

お問い合わせ
お子さまのお名前
コース選択 小学生コース中学生コース高校生コース
学年 1年2年3年4年5年6年既卒
希望科目 英語数学(算数)国語理科社会
希望曜日
(複数可)
月曜火曜水曜木曜金曜土曜
希望時間
(複数可)
15:50-16:5017:00-18:0018:10-19:1019:20-20:2020:30-21:30
電話番号
メールアドレス
お問い合わせ内容・ご要望