【余談】 【読書】 星新一 「肩の上の秘書」

【余談】 【読書】 星新一 「肩の上の秘書」

本作に登場するニュー・エレクトロ会社のセールスマン、ゼーム氏は
自社の商品を対面で販売するのだが、直接お客さまと話すのは、
ゼーム氏本人ではなく、インコ型ロボットなのだ。

ただ、このインコを保有しているのは、ゼーム氏だけではない。

ゼーム氏から電気グモを提供されるお客さまも保有しており、
このお客さまもゼーム氏とは直接話すことなく、
自分の気持ちをすべてインコに伝え、語らせるのだ。

なので、本作では、人間同士が面と向かって話すという場面は一切ない。

代わりに、人間が自分の伝えたいことをインコに端的に伝えると、
インコがそれを解釈し、TPOに応じた内容に変換して相手のインコに
伝えるという不思議な光景がここでは展開される。

もしこのインコが多言語対応の仕様で、かつ、世界中に拡散しているとしたら、
外国語学習、100%不要なんだが (笑)

ネクストラーナーズの「やる気のでる」「自信がつく」
授業を受けてみませんか?

お問い合わせ
お子さまのお名前
コース選択 小学生コース中学生コース高校生コース
学年 1年2年3年4年5年6年既卒
希望科目 英語数学(算数)国語理科社会
希望曜日
(複数可)
月曜火曜水曜木曜金曜土曜
希望時間
(複数可)
15:50-16:5017:00-18:0018:10-19:1019:20-20:2020:30-21:30
電話番号
メールアドレス
お問い合わせ内容・ご要望