【余談】 【読書】 おおたとしまさ 『受験と進学の新常識』②

【余談】 【読書】 おおたとしまさ 『受験と進学の新常識』②

ここで触れたことをもう少し自分事として検討してみる。

自宅から気楽に通学でき、かつ、コスパが高く良質な教育を受けられるという点を
考慮すると、公立中高一貫校の一択に絞れた。

「公立中高一貫校を受ける場合でも5年生には受験勉強を始めるのが
いまやスタンダード」 (p.17) というが、
「公立中高一貫校対策の場合は塾での指導が異なり、
知識よりも読解力と作文力が重視される」 (p.20) 点を念頭に置くと、
その前提となる基礎学力の涵養を、早くて3年生を終える頃、
遅くとも4年生の2月までには図っておく必要がある。

この場合の基礎学力とは、まずは、国語の 「読解力と作文力」 の
土台となる漢字習得を指しているが、目安としては、
最低漢検5級レベル (小学校6年生修了程度) の漢字習得を
3年生時に実現させる。

次に、「読解力」 の足場を固めるためにも、
すらら小学生版の国語 (低学年版・高学年版) を4年生時に
ひととおり学習させたうえで、受験勉強に入ったほうが
その後の学習効率が格段に高まるに違いない。

加えて、基本的な計算力の養成も不可欠だが、そのためには
「子供の能力のごく一部である 『計算力』 を効率よく向上させる目的に
特化してつくられた究極的にシンプルな 『専用ツール』」 (p.81)
である公文式一択でもよい。

これも早くて3年生時に、遅くとも4年生時に 「小6レベル」 である
分数・少数の四則混合計算をできるという想定で進める。

以上を踏まえたうえで、公立中高一貫校受験専門塾の門を叩く、
というのが現時点で私が考えうるひとつの指針ということになろうか。

ネクストラーナーズの「やる気のでる」「自信がつく」
授業を受けてみませんか?

お問い合わせ
お子さまのお名前
コース選択 小学生コース中学生コース高校生コース
学年 1年2年3年4年5年6年既卒
希望科目 英語数学(算数)国語理科社会
希望曜日
(複数可)
月曜火曜水曜木曜金曜土曜
希望時間
(複数可)
15:50-16:5017:00-18:0018:10-19:1019:20-20:2020:30-21:30
電話番号
メールアドレス
お問い合わせ内容・ご要望