【余談】 【ラグビー】 「ジャパンは今は真のラグビー国になった」 (イングランド代表HC エディ・ジョーンズ)

【余談】 【ラグビー】 「ジャパンは今は真のラグビー国になった」 (イングランド代表HC エディ・ジョーンズ)

  「ジャパンは今は真のラグビー国になった」

――元ジャパンHCによるこの言葉、
これほどの誉め言葉があるでしょうか。

————————————————————————————-

――日本代表と対戦して

非常に我々にとってファンタスティックだった。
日本代表がこんなにすばらしいプレーをしてくれたことはとても素晴らしい。
彼らは本当に強固だった。私たちはこの試合を一つの試みにしたかったので、
違うチームを作って、選手たちが今までとは違うポジションで
どのようなコンビネーションを見せるのかを見たかった。

おそらく我々は序盤に早すぎるトライを取ってしまったために、
無意識にこの試合がイージーだと感じてしまったようで停滞してしまったようだが、
後半の修正は素晴らしかったと思う。

――ハーフタイムの指示は?

ハーフタイムはとにかくただアティチュードとエフォートを上げろということと、
2-3つの技術的な修正だけを伝えた。
前半が終わった時点で10−15というスコアで、
日本代表は80%のポゼッション、65%のテリトリーで、
そして8つのペナルティーをしてしまった。
だから後半に向けて正しい方向に戻すことが必要で、実際にそれができた。
日本は対戦したことがなければものすごく厄介な相手だ。

後半の選手たちには非常に満足している。
後半はまさしくイングランド代表の戦い方だった。
確か日本は我々の22メートルに入ってきたのは一度しかなかったはずだ。
後半のスタッツは前半のそれとは全く逆だろう。

――来週はオーストラリア代表戦です
オーストラリア代表は我々と同じように非常に厳しいシーズンを過ごしてきた。
今年最後のテストマッチなので、お互いに勝ちたいパフォーマンスをしたい。

――かつて率いた日本代表の印象は

すばらしいね。本当に良くなった。(福岡) ケンキはいい選手ね (※ここまで日本語)。

――日本代表がトゥイッケナムで対戦することの意味は?

今朝、そのこと (日本のラグビーにおけるこの試合の意味) を考えていました。
私が日本代表をジョージアやルーマニアに連れて行きました。
フレンチバーバリアンズとの対戦をラハーバなんちゃら (※ル・アーブル) で組みました。
北フランスのイングリッシュパブが多いところです。
とっても妙なところですね。私は多分どうでもいいことを言っていますね (苦笑)。

今や日本代表はオールブラックスと対戦し、
81000人のトゥイッケナムでイングランド代表とプレーした。
今は真のラグビー国になりました。
今日のパフォーマンスにも満足していますし、
今日の日本代表のパフォーマンスでラグビー国としての地位が上がったと思います。

さらにここに日本のメディアがたくさん来ています。
ラグビーコミュニティが出来ています。

ジェイミー (・ジョセフ) とトニー (・ブラウン) はすばらしい仕事をしていますし、
リーチの卓越したキャプテンシーで次々と若くて才能のある選手がブレイクしています。

サンウルブズは、もしかしたら (存続が) 話題になっているかもしれませんが、
日本の若い選手にとってはとても大きな機会です。
テストラグビーを迅速に経験することができるのです。
例えば小柄なHO庭井はキヤノンの選手ですが、
彼なんかはそのスーパーラグビーでプレーする恩恵を十分に受けた一例ではないでしょうか。

「『ケンキは本当にいい選手だね』――イングランド代表HCエディー・ジョーンズが見たジャパンの今」 (RUGBY JAPAN 365)]

ネクストラーナーズの「やる気のでる」「自信がつく」
授業を受けてみませんか?

お問い合わせ
お子さまのお名前
コース選択 小学生コース中学生コース高校生コース
学年 1年2年3年4年5年6年既卒
希望科目 英語数学(算数)国語理科社会
希望曜日
(複数可)
月曜火曜水曜木曜金曜土曜
希望時間
(複数可)
15:50-16:5017:00-18:0018:10-19:1019:20-20:2020:30-21:30
電話番号
メールアドレス
お問い合わせ内容・ご要望