【メモ】 トヨタ、自動車のサブスクリプション (定額制) サービス開始 (2019年1月‐ )

【メモ】 トヨタ、自動車のサブスクリプション (定額制) サービス開始 (2019年1月‐ )

すごいですねぇ……。

こんなサービスが登場したら、
車を所有する意味なんてあんまりないような気がしますが (笑)、
いかがでしょう。

——————————————————————————————————-

トヨタ自動車は2019年から、毎月一定の料金を払えば複数の車を
手軽に乗り換えられるサービスを始める。
高級車 「レクサス」 などを自家用車のように使いながら、
複数の車を入れ替えることができる。
また販売店を拠点にしたカーシェアリングも全国展開する。
所有にこだわらないシェア経済が広がるなかで、
新車販売だけに頼らない新たな事業の柱を探る。

トヨタが始めるのは 「サブスクリプション (定額制)」 のサービス。
日本の自動車メーカーによる本格的な定額サービスは初めて。
例えばレクサスのセダンを一定期間使った後、
多目的スポーツ車 (SUV) に乗り換えることなどを想定する。

19年1月にもまず東京の直営店で始めて、全国に広げる見込み。
トヨタが新サービスに必要なシステムを構築し、
販売店の車を活用する計画。多様な車種を試す機会を増やし、
将来の購入につなげる狙いもある。

海外では独BMWが米国テネシー州で、
新車のサブスクリプション型サービスを月額約1100ドル
(約12万4千円) から提供している。
日本でも中古車販売大手IDOMがBMWと10月から新車で、
月額約8万円からのサービスを始めた。

トヨタの新サービスの価格や利用可能な車種は未定だが、
同程度の水準になるとみられる。
1つの車種を購入する場合より月額の支払いは割高になるが、
整備や保険などの手間や費用は不要になる。

また全国に約5000店ある販売店向けに、
スマートフォン (スマホ) で予約や決済ができる
カーシェアリング事業のシステム提供も始める。
短時間だけ車を使いたいといった用途を想定しており、
販売店の試乗車を貸し出す。
全国の販売店は4万台の試乗車を持つが平日は稼働率が低く、
有効活用する。

ネットで申し込める個人向けのカーリースも始める。
同じ車種を長く使う消費者向けのサービスで、
ネットで手続きして最寄りのトヨタ系販売店で車を受け取る。
従来のリース期間より短くし、車の保有に関心の薄い顧客を取り込む。

日本自動車リース協会連合会によると、
国内の個人向けリースの保有台数は4年連続で増え、
18年3月に過去最多の約25万7千台となった。
22年度に4倍近くに増える試算もある。
「所有から利用へ」 という消費の変化が広がるなか、
国内のカーシェアリングの会員数も132万人 (18年3月) と、
5年前の4.5倍に急増している。

一方で、17年の新車市場は520万台と5年前から横ばいだ。
ピーク時の1990年と比べ、約3割減った。
トヨタ系販売店の一部は既に小売店や外食、学習塾などの併設を始めて、
収益源の多様化を急いでいる。新車販売だけでなく、
消費者との接点を増やすサービスを拡充しようとしている。

「トヨタ、月定額で車乗り換え放題 19年新サービス」 (日本経済新聞)]

ネクストラーナーズの「やる気のでる」「自信がつく」
授業を受けてみませんか?

お問い合わせ
お子さまのお名前
コース選択 小学生コース中学生コース高校生コース
学年 1年2年3年4年5年6年既卒
希望科目 英語数学(算数)国語理科社会
希望曜日
(複数可)
月曜火曜水曜木曜金曜土曜
希望時間
(複数可)
15:50-16:5017:00-18:0018:10-19:1019:20-20:2020:30-21:30
電話番号
メールアドレス
お問い合わせ内容・ご要望