【メモ】 「ビジネススクールも、セミナーも、オンラインサロンも、すべてに共通するのは、結局は、何もしていないのに、何かしているように錯覚してしまうことだ。」 (元マイクロソフト社長・成毛眞)

【メモ】 「ビジネススクールも、セミナーも、オンラインサロンも、すべてに共通するのは、結局は、何もしていないのに、何かしているように錯覚してしまうことだ。」 (元マイクロソフト社長・成毛眞)

ビジネススクール、セミナー、オンラインサロン
――いずれも参加したことないけど、
「何もしていないのに、何かしているように錯覚してしまう」
ってのは、確かに何となくイメージできる。

——————————————————————————————————-

国内MBAと同様に、行っても無意味だと思うのは、
さまざまなビジネスセミナーだ。
営業から人材育成、最新テクノロジーまで、
ありとあらゆる分野のセミナーが各地で開催されているが、
それを受講したことで、
どれだけビジネスの能力が上がったか、冷静に振り返ってみてほしい。
本人からすれば意味があったと思いたいだろうが、
実際にはほとんど仕事に役立っていないのではないだろうか。

 以前、ビル・ゲイツと、ヴァージングループ創業者のリチャード・ブランソンが、
ある起業セミナーに登壇したことがある。
その楽屋に居合わせたのだが、
ビルが 「おい、今日は何がテーマなの?」 と聞くので、
「起業セミナーなんだってさ」 というと、ビルとブランソンが爆笑していた。
「参加者は3000人いる」 と伝えると、もう大爆笑。

 なんで笑っているのかと聞くと、「いやあ、この3000人から起業家は1人も出ないよな」
「起業のために人の話を聞きに来るなんて頭が悪い」
「こんなムダな時間の使い方をするヤツが成功するなら、俺は逆立ちしてやるぞ」
と言いたい放題だった。

 これを聞いて、あなたはどう思うだろうか。
最近は、「オンラインサロン」 といって、
著名人のもとに集まるコミュニティのようなものもたくさん出てきているようだが、
そんなものに入会したところで、活躍できる人にはなれないと思う。

 ビジネススクールも、セミナーも、オンラインサロンも、
すべてに共通するのは、結局は、何もしていないのに、
何かしているように錯覚してしまうことだ。

そこで何か得たものを生かして、起業したり、新規事業を始めたりするなら、
行った意味があるかもしれないが、そういう人は滅多にいない。
大抵の場合は、セミナーに参加して悦に入り、
帰り道に一杯ひっかけて、翌朝何も変化をしていない自分と再会するだけだ。

 学び直しといえば、「資格取得」 をめざす人も多いと思うが、
これもまた、無意味な学び直しの代表格といっていい。
士業をめざしているなら、大半のものはやめたほうがいい。
何十年も営業をやっていて、
突然、公認会計士や弁護士をめざすという人が周りにいたら、
全力で止めるべきだ。
あらゆる士業があと5~10年でAIに取って代わられるからだ。

 会計士や弁護士は一部の人がかろうじて生き残れるかもしれないが、
司法書士や税理士は全滅する、と私は見ている。
行政書士も通関士も厳しいだろう。

「MBA取得で成功した起業家は一人もいない」

ネクストラーナーズの「やる気のでる」「自信がつく」
授業を受けてみませんか?

お問い合わせ
お子さまのお名前
コース選択 小学生コース中学生コース高校生コース
学年 1年2年3年4年5年6年既卒
希望科目 英語数学(算数)国語理科社会
希望曜日
(複数可)
月曜火曜水曜木曜金曜土曜
希望時間
(複数可)
15:50-16:5017:00-18:0018:10-19:1019:20-20:2020:30-21:30
電話番号
メールアドレス
お問い合わせ内容・ご要望