【メモ】 「やらされ感では何も行動 (考動) は変わらない。」 (宇城市教育長・平岡和徳氏)

【メモ】 「やらされ感では何も行動 (考動) は変わらない。」 (宇城市教育長・平岡和徳氏)

「選手たちを本気にさせる」 ためには、
自ら考え行動する力 (考動力)」 を引き出さなくてはならない
――仰るとおりですね。

生徒たちを本気にさせるためにも、
自ら考え行動する力 (考動力)」 を引き出さなくてはなりません。

——————————————————————————————————-

――選手たちを本気にさせる。

〈平岡〉 
それが僕のミッションです。
人間、終わりがないと途中を本気で頑張れないものです。
そこで大津高校では練習時間を100分と決めて、
それを全力でやり切ることを習慣化しました。

この100分間はストーリーを大切にし、一切の無駄をなくします。
コーチの笛を合図にウォーミングアップから、
パスワーク、シュート、戦術練習、ゲームへと次々に進み、
選手たちの足が止まることはありません。
練習が15分刻みだとすると、10分過ぎくらいから
「ラスト何分」 と追い込みをかけ、ギリギリまで全力を出させ、
さらに一歩を踏み込ませた上で、次のメニューに移ります。

ここでできたよい流れが次の日の朝練習に繋がるんです。
選手が 「あのトレーニングがゲームの中でこのように繋がるのか」
と感じてくれれば、そこに自ら考え行動する力 (考動力) が生まれます。
100分という時間に無限の工夫をするチャンスがあることに気づけば、
普段の生活も変わってきます。

自ら課題を発見し、問題を解決しながら24時間をデザインする力もその中から生まれてくるんです。

そういうメソッドを少しずつつくり上げて選手の意識を変えていた時、
志の高い新入生が入部し、彼らが2、3年生になる時に
国体で2年連続準優勝を果たしたんです。

高い目標を持って日々のトレーニングに全力で励む選手は、
いつも変化を求めている分、成長は早いと思います。
変化の先にしか進化はありませんので、変化を創り出す内側のエネルギー、
――今回の特集テーマである――「内発力」 がないといけません。
その大前提となるのが主体性です。
やらされ感では何も行動 (考動) は変わらない。
よくなるのは返事だけです(笑)。

「無名の高校をサッカー強豪校に——名監督・平岡和徳が語る、選手を本気にさせる指導法とは?」

ネクストラーナーズの「やる気のでる」「自信がつく」
授業を受けてみませんか?

お問い合わせ
お子さまのお名前
コース選択 小学生コース中学生コース高校生コース
学年 1年2年3年4年5年6年既卒
希望科目 英語数学(算数)国語理科社会
希望曜日
(複数可)
月曜火曜水曜木曜金曜土曜
希望時間
(複数可)
15:50-16:5017:00-18:0018:10-19:1019:20-20:2020:30-21:30
電話番号
メールアドレス
お問い合わせ内容・ご要望